第28段あふごかたみ
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第28段

 昔、男がいたが、情の激しい女が、家を出ていってしまったので、文句を言ったところでどうしようもなく、男は歌を詠んだ。

  
などてかくあふごかたみになりにけむ
    水漏らさじと契りしものを

     どうしてこんなに、二人が逢うのが、難しくなってしまったのだろう
      水も漏らすまいと、固く契ったのに



原 文         解説


ホームに戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO