第131段(色革)
 ・・・阿波国文庫本

異本章段 17段 【Q】

 昔、男が京から遙かに遠くの所に行ったときに、筑紫のお土産をある人から頼まれたので、色のついたなめし革を贈ろうとして、詠んだ歌。
  
筑紫よりここまで来れどつともなし
   たちのをかわのはしのみぞある

       筑紫からこの京まで来たけれどもお土産もありません
         太刀の緒の革の端があるのみです

「たちのおがわ」とは土地の名なのでしょう。


原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO