第12段武蔵野
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第12段

 昔、男がいた。人の娘を盗んで、武蔵野へ連れて行く途中に、盗人であるから、国の守に捕まってしまった。男は女を草むらの中に置いて逃げてしまった。道をやってきた人は「この野原には盗人がいる」と言って火をつけようとした。女は困って嘆願した。 

 
 武蔵野は今日はな焼きそ若草の
   つまもこもれりわれもこもれり

    武蔵野は今日だけは、焼かないで下さいな
      若草の中には、愛しい夫も隠れているのです、私も隠れているんです

と詠むのを聞いて、追手は女を捕まえて、男と共に連れていった。


原 文         解 説


ホームに戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO