第123段浜びさし
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第116段

 昔ブラブラと、奥州までさ迷いながら行った、男が、京に恋しく思う人のところに詠みおくったのだった。

 
 浪間より見ゆる小島の浜ひさぎ
     ひさしくなりぬ君に逢ひみで

      浪間から見える、小島の浜の楸は
         あなたにお逢いしないで、もう随分と久しくなってしまいましたね

  「何事も皆好転して、みんな元通りになりました」と言って送ったのでした。


注:(ヒサギ)〜植物の名で、キササゲ又はアカメガシワというが、詳細は不明。 例:万葉集925番、山部赤人
「ぬばたまの 夜の更けゆけば 生ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く」
     真っ暗な 夜が更け行くにつれて が生える 清らかな川原に 千鳥がしきりに鳴いています



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO