第114段月をもめでじ
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第88段
大島本 第116段

 昔、もうそれほど若いとはいえないが、あの人この人といった友だちたち集まりがあって、月を見たのだが、その仲間の一人が、詠んだ
  あじきなし月をもめでじこれぞこの
    つもれば人の老いとなるもの

     つまらないなあ、月を誉めることは止めよう

       この月こそが、塵と積もれば、ほら、人の老いとなるものだから



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO