第106段寝ぬる夜
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第103段

 昔、男がいた。その男は、とても真面目だったので、浮気をしようというような心はなかった。深草の帝にお仕えしていた。でも、心のバランスがくずれたのか、親王たちが召使いの女をご寵愛されるのを、互いに深い関係になってしまったという。そうして、夜が明ける頃に詠んで贈ったということです。
 
 寝ぬる夜の夢をはかなみまどろめば
    いやはかなにもなりまさるかな

      供寝した夜の夢が、あまりにもあっけないので、もっとハッキリと見たいと、まどろんでみたら
        いよいよその夢は、あっけないものになってしまいました

                      




原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO