第103段藤原の敏行
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第107段

 昔、身分の高い男がいた。その男のところにいた人を、内記であった藤原敏行という人が求婚した。しかし、まだ女は若かったので、手紙もちゃんと書けなくて、言葉の言い表し方も知らずましてや、歌などは詠めなかっただった。あの主人である人が、原案を書いて女に聞かせて、男に贈った。男は深く感動してしまった。そこで男が詠んだ。
 
 つれづれのながめにまさる涙川
    袖のみひぢて逢ふよしもなし

      この長雨で水かさが増すように私はあなたが恋しくて恋しくて、涙が水かさの増した川のように流れ
         袖が濡れるだけで、あなたにお逢いする術もありません

女の返し歌は、例の男、女に代わって、
 
 浅みこそ袖はひつてめ涙川
   身さへながると聞かばたのまむ

       川が浅いからこそ、袖は濡れてしまうのでしょう
        あなたの涙の川が深くなって、体まで流れるとお聞きしたならば、あなたを頼りにいたしましょう

と言ったので、男はそれはそれは大変感心して、その手紙を現在まで巻いて文箱に入れて持ち歩き大切にしているということです。

 男は、女の許に手紙を送ってきた。女を得てからの事であった。

雨が降りそうですから、空を見てあなたをお伺いしようか悩んでいます。私に幸運がありましたならば、この雨は降らないでしょう」と言ったので、例の男は、女に代って詠んで贈った。
 
 かずかずに思ひ思はず問ひがたみ
   身をしる雨は降りぞまされる

      あれこれと私を思って下さるのか、思って下さらないのか
        本心を聞きかねていましたので、私の悲しい身のほどを知る涙の雨は、ますます激しく降ってきました

と詠んで贈ったから、蓑も笠も取る間もなく、雨にグッショリと濡れて大急ぎでやってきたのだった。



原 文         解 説



ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO