第100段忘れ草
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第100段

 昔、男が、後涼殿の渡り廊下を歩いていたら、ある高貴な婦人の部屋から、忘れ草を「あなたはこの草を、忍ぶ草とお呼びになりますか」といって、侍女に差し出させなさったので、その問いを頂いて男は歌を詠んだ。

  
忘草生ふる野辺とはみらめど
    こはしのぶなりのちもたのまむ

        あなたはまるで私を忘れ草の生える野辺と、見受けられますが
          この草は忍ぶ草ですよ、今後もよろしく、お頼み申し上げますネ
この女性とは二条の后であるということだ。



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO