胡 蝶( こ  ち ょ う)の夢 =短く空しい人の夢

「  昔者、荘周夢為胡蝶。
  翔翔然胡蝶也。
  自喩適志与。不知周也。
  俄然覚遽遽然周也。
  不知周之夢為胡蝶与、 胡蝶之夢為周与。
  周与胡蝶則必有分矣。 
  此之謂物化。」
        (荘子・斉物論)
 訳
「 いつのことだったろうか、私荘周は夢の中で胡蝶になりました。
 それは、ひらひらと乱れ舞う胡蝶でした。その愉しみに酔いしれ、我を忘れるほどでした。
 しかし、目を覚ました私は、ああやっぱり元の私でした。
 でも、荘周が夢の中で胡蝶に、それとも胡蝶が夢の中で荘周になったのでしょうか。
 私が胡蝶なのか人間なのか、分からなくなくなってしまいました。
 周と胡蝶のあいだには必ず区別が有るはずである。
 これは、いわゆる仮の姿であるのだ。 」


 読下し文
昔者(むかし)荘周(そうしゅう(わたし)) 、夢にて胡蝶(こちょう)となる。
 翔翔然(く く ぜん)として胡蝶なり。
 自ら(たのしみ)みて、志に(かな)えるかな。
 (しゅう)なるを知らざるなり。
 俄然(がぜん)として()むれば、すなわち遽遽(きょきょ)然として周なり。
 周の夢に胡蝶と為るか、胡蝶の夢に周と為るかを知らず。
 周と胡蝶とは、即ち必ず(ぶん)有らん。
 これを、これ物化(ぶっか) という。」


語句
・「栩栩然」=「ひらひらと飛ぶ様子」
・「適志」=「気持ちがのびのびとする」
・「俄然」=「突然」
・「遽遽然」=「驚く様子」
・「分」=「区別」

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO